イオンの子育て応援 KIDS REPUBLIC

産後(産後0ヶ月~)

ママの準備用品

妊娠8ヶ月~10ヶ月、産後に準備

品名 必要数 選び方のポイント
ウエストニッパー 1~2枚 悪露・体調が落ち着く産後1週間目頃からお腹とウエストを
ケアします。
リフォームガードル 1~2枚 外出が多くなってくる産後1ヶ月頃から全体をトータルシェイプします。
産後にご試着の上、準備します。

印のアイテムは、状況に応じて、産後に準備しましょう。

産後リフォームの必要性

産後リフォームは、美しいプロポーションを取り戻すためだけではなく、
内的なリフォームをします。

  • ❶ 開いた骨盤を元に戻します。

  • ❷ 子宮の収縮を促します。

  • ❸ 内臓の位置を安定させます。

  • 出産直後のお腹の大きさは、
    妊娠7ヶ月くらいです。

産後リフォームは、産後の柔らかい脂肪を「柔らかいうちに整える」というものです。お腹まわりに巻くことにより、産後の大切なお腹を保温し、母体の回復を早めて、母乳を作り出す機能をサポートします。
産後リフォームの進め方
  • ① 産後すぐから

    まずは開いた骨盤を元に戻します。ソフトタイプニッパーやサポーターで、骨盤を中心とした下腹部を引き締め、子宮やお腹の内的なリフォームをします。 下腹部
  • ② 悪露・体調が落ち着いた頃から

    骨盤の引き締めに続き、お腹とウエストをケアします。背中・ウエスト・下腹部まで柔らかく流動性のある脂肪を引き締めます。 ウエスト部
  • ③ 外出が多くなってきた頃から
    (悪露や出血がなくなってから)

    骨盤・お腹・ウエストを整えたら、全体をトータルで引き締めます。 全体
産後リフォーム用品のサイズの選び方

妊娠期間中の体重の増加量が

  • ❶ 8kg以下
  • 妊娠前と同じサイズ
  • ❷ 8kg~11kg以下
  • 妊娠前より1サイズ上
  • ❸ 11kg以上
  • 妊娠前より2サイズ上
産後リフォームは、産後の柔らかい脂肪を「柔らかいうちに整える」というものです。お腹まわりに巻くことにより、産後の大切なお腹を保温し、母体の回復を早めて、母乳を作り出す機能をサポートします。
スケジュールTOPへ戻る