イオンの子育て応援 KIDS REPUBLIC

産後(産後0ヶ月~)

お祝い記念日

お祝いごとは大きくなったときの
うれしい思い出に

  • 帯祝い

    安定期となる妊娠5ヶ月の“戌の日”に、腹帯を巻いて神社で安産祈願をします。紅白二筋の絹の岩田帯とよばれる帯を妊婦側の実家から贈るとされていますが、最近では自分が使いやすい妊婦帯を購入することが多いようです。「戌の日カレンダー」を確認し、帯祝いの予定を立てましょう。

  • お七夜

    赤ちゃんが生まれた日から数えて7日目の晩をお七夜といいます。赤ちゃんの名前をお披露目し、無病息災、健やかな成長を願って命名式を行います。市販の命名紙や半紙に名前を書き入れ神棚や鴨居などの高い場所に飾るとされていますが、最近では赤ちゃんの枕元やリビングルームなどに飾ることが多いようです。

  • お宮参り

    参拝する神社は住んでいる地域の氏神様が奉られている神社とされ、赤ちゃんの無事な誕生を感謝し、健やかな成長を神様にお祈りします。お参りをする日は、男児は生後30日女児は生後31日頃といわれていますが、地域によって異なります。ママと赤ちゃんの体調や天候がよい日などを選ぶといいでしょう。

  • お食い初め

    お食い初めは「一生食べ物に困らないように、長寿であるように」との願いを込めて、生後100日目頃に赤ちゃんに祝い膳を用意する儀式です。食べさせる役は長寿にあやかり、祖父母や親戚などの年長の人にお願いします。最近ではお膳は離乳食用の食器で代用することが多いようです。

  • 初誕生日

    初誕生日は、赤ちゃんの満1歳の誕生日をお祝いする大切な日です。無事に1歳を迎えられたことに感謝し、その後の健やかな成長を願います。力餅と呼ばれる祝い餅を背負わせる習わしもあります。最近ではお家でバースデーパーティを開いてお祝いすることが多いようです。

  • 初節句

    生まれて初めての節句を初節句といいます。女の子は3月3日の桃の節句、男の子は5月5日の端午の節句をお祝いし、無病息災を祈願します。ひな人形や鎧兜などは、赤ちゃんにふりかかろうとする厄を祓うお守りでもあるので、毎年飾って成長を祈りましょう。

スケジュールTOPへ戻る